【外壁塗装・屋根塗装は何のため?】塗装工事は本当に必要? 塗装工事の目的

リフォーム業者や塗装業者からのチラシがポストに投函されていたことはありませんか?

特に春と秋は塗装のベストシーズンと呼ばれているため、そういったチラシ類を目にする機会が増えると思います。

しかしそこで

「外壁塗装って本当に必要なの?」

「屋根塗装って何のためにするの?」

「見た目がキレイになるだけじゃないの?」

と疑問を感じたことはありませんか?

そこで今回は、外壁塗装や屋根塗装の必要性についてお話したいと思います。

1.外壁塗装・屋根塗装の3つの目的

外壁塗装・屋根塗装の目的は、大きく分けて3つです。

①美観の向上

②建物の保護

資産価値の向上

それぞれについて、詳しく解説していきます。

1-1.美観の向上

もっともわかりやすい目的が「美観の向上」です。

建物は風雨や紫外線にさらされているため、色あせや汚れ、コケやカビなどの経年による劣化が目立ってきます。当然どんどん美観が損なわれ、古びて見えてしまうのです。

専務取締役 中村

一般的にお家のメンテナンスは10年が目途と言われていますが、あくまで目安です。日当たりが悪い面はカビやコケの進行が早いですし、日当たりが良い面は他の面より色あせが早いです。

海辺の家だと、塩害により劣化が早かったりもします。

しかし劣化してしまった外壁や屋根に塗装を施すことで、まるで新築のような輝きを取り戻すことができます。

以前と同じ色に塗りなおすのもいいですし、まったく別の色に塗り替えることもできます。最近はツートンカラーでの塗装も流行っていますので、配色次第でガラッと印象を変えることができます。

どんな色にしようか、どんな配色にしようか、悩みながらも楽しめるのが外壁塗装です。

1-2.建物の保護

建物の保護も塗装工事の目的の1つですが、なかなか世に浸透していないため、いまいちピンと来ない人が多いと思います。

外壁に発生するヒビ割れや剥がれを放置していると、そこから雨水が浸入してしまい、さらに劣化を早め、雨漏りなどの深刻な問題を引き起こしてしまいます。

では、なぜ塗装工事で建物への深刻な問題を解決できるのでしょうか?

専務取締役 中村

それは、ただ塗料を塗るだけではないからです!

実際の塗装に入る前に、しっかりと高圧洗浄をおこない、劣化した部分の補修をします。これを下地調整といいます。

ヒビ割れがある部分はしっかりとヒビを埋め、膨れや剥がれがある部分は脆弱な古い塗膜を除去します。

職長 山口

高圧洗浄で汚れを落としたり、剥がれたり浮いたりしている古い塗膜を除去しないと、塗料の密着が悪くなります

悪くなっている部分にそのまま塗料を塗っても、すぐに剥がれて浮いてきてしまいます。

適切な下地調整をすることで、雨水の浸入がなくなり、劣化を食い止めることができ、そこに塗装を施すことで、新しい塗膜が紫外線や汚れやカビなどを防ぎ、建物を丈夫にし、長持ちさせます。

使用する塗料によっては遮熱性を高めることができるので、室内の温度上昇を軽減してくれます。

統括部長 原田

特に屋根の塗装の際には、遮熱塗料をお勧めしています。

メーカー様による実験で、室内温度で最大約3℃の温度差が確認された塗料です。冷暖房での3℃差を考えると、すごいことですよね!

その他にも、防水性防汚性能防カビ性防藻性防錆性の付与、向上など、建物を保護する機能が高まります。

1-3.資産価値の向上

定期的なメンテナンスをおこなうことで、建物の資産価値を向上させます。

美しさや耐久性を保てている建物が、メンテナンスをおこなっていない建物に比べて資産価値が高くなるのは当然のことです。

将来的に売却を検討されている方はもちろん、ご家族に相続することを考えていらっしゃる方も、資産価値を守る、向上させることは大変重要です。

メンテナンスを怠っていると、外壁のヒビ割れやカビ・コケの発生などが考えられ、腐食や雨漏りなどの問題が発生する可能性が高いとして、建物の評価としては悪いものとなってしまいます。

内部浸食や雨漏りしている建物は値段が付きにくいため、これから住み続けることを考えても、売却することを考えても、マイナスにしかなりません。

専務取締役 中村

築年数が古くても、外壁塗装や内部リフォームなどをおこなっている物件は人気だったり、家賃が高かったりします。

みんな、住むとしたら、少しでもキレイな家を選びたいからなんです。

2.絶対に必要な外壁塗装

結論として、外壁塗装屋根塗装絶対に必要なものです。上述したように、どうしても建物は劣化してしまうものだからです

しかし、必要な工事だからといって不具合がないのに実施する必要はありません。

劣化を示すサインが現れたら、まずは点検!

点検の結果、本当に工事が必要な時だけ実施すればいいのです。

そのため、「早く工事しないと大変なことに…」「数年後には手遅れかもしれません…」などといって、すぐに契約させようとする業者には注意が必要です。

実際の打診調査の様子。軽く叩いた際の音により、目に視えない部分の剥離などを調査する。

反対に、あまりにも劣化が進行しすぎている場合は、塗装だけでは不十分な場合もあります。劣化や損傷があまりにもひどい場合は、外壁材を新しく張り替えたり、屋根を葺き替えるなど、大規模な工事が必要になります。そうすると、もちろん塗装工事だけの場合より、はるかに高額になってしまいます。

繰り返しになりますが、必要なのは定期的な点検定期的なメンテナンスです。

専務取締役 中村

弊社でも、毎年梅雨時期や台風時期には雨漏り関係の問い合わせが急増します。

もちろん1件1件対応させていただきますが、正直な話、雨漏りなど何かしらの症状が出てからでは少し遅いのです。

もう少し早く処置をしていれば軽微な工事で安く済んだのに!というケースも少なくありません。

まとめ

建物の現在の劣化症状に応じて、工事が必要か否かを見極め、工事をする際には最適なメンテナンスを選ぶことが大切です。

しかし、ほとんどの方はこう思われるはずです。

「何が最適なメンテナンスかわからない!」

「いつが最適なメンテナンス時期かわからない!」

そのため、塗装工事を中心とした建物のメンテナンスを検討する際には、必ず塗装業者に相談して、プロの視点で診断してもらいましょう。

専務取締役 中村

そのために私たちがいます!

建物のことなら何でもご相談ください!

相談だけでも、点検だけでも、見積もりだけでも大歓迎です! 電話やメール、LINEなど、お好きな方法でご連絡ください。

しつこい営業も致しませんので、まずはお気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。