【失敗しない外壁塗装】塗装業者を選ぶコツ! 失敗しないための大切なポイントは?

外壁や屋根の塗装を検討される方の多くは、まず業者選びで悩まれます。塗装工事は頻繁におこなうものではないため、日常生活において接点が少なく、傍から見るとそれぞれの業者の差がわかりにくいからです。

ハウスメーカーや工務店、リフォーム会社、塗装業者はもちろん、最近ではホームセンターや家電量販店、駆除業者や水回り工事専門店までもが塗装を取り扱っています。

そんな玉石混交な状況の今だからこそ、外壁塗装業者選びで失敗しないコツ大切なポイントをお伝えしたいと思います。

①調査が丁寧で、見積もりに根拠がある業者を選ぶ

まずは2~3社に相見積もりを依頼して、見積書を手に入れましょう

見積もりを頼むだけでも、電話口での対応は丁寧か、メールなどの返信は迅速かなど、それぞれの業者の対応を見ることができます

ここで重要なのは、見積もりが無料であることです。良心的な業者なら、お客様に寄り添い、多少遠方であろうと見積もりや点検は無料でおこなってくれます。

中村塗装 原田

4社以上に頼むと、現地調査や見積もりが出そろうのに時間がかかるため、あまりお勧めしません。

業者による調査時には極力立会い、その様子もじっくり観察しましょう。挨拶や礼儀はしっかりしているか、すぐ終わるような簡単な調査で終わらせていないかなど、担当者や職人の動きを見る絶好の機会になります。現地調査もせずに見積もりを出すような業者はもちろんNGです!

見積書を見る際は、工事価格だけを重視しないことが大切です。

見積書は素早く提出されたか、素人でもわかりやすいか、工事詳細や使用材料がしっかり記載されているか、それぞれの内容や価格の明確な根拠はあるかが大切です。

最後に、何でもいいから質問をしてみましょう

あくまでお客様が第一ですので、「こんなこと聞いていいのかしら…」と思わず、聞きたいことは遠慮なく聞いてみましょう!

専務取締役 中村

質問にしっかり答えられない業者や、曖昧な答えで濁す業者には注意が必要です。

②建設業許可・塗装に関する資格を保有している業者を選ぶ

各都道府県知事もしくは国土交通大臣による、建設業許可の有無は1つの指標となります。

建設業の許可は、その業者が経営面・施工面において一定以上の信頼や実績があることを保証するものです。軽微な工事(請負金額が税込み500万円未満の工事)においては、必須ではありませんが、許可を受けているに越したことはないのが言うまでもありません。

 塗装に関する有名な資格として、国家資格である「塗装技能士」というものがあります。これは誰でも取得できるものではなく、1級塗装技能士の試験を受験するには、7年以上の実務経験を積まないといけません。合格率も50%前後となっており、合格には確かな知識や技術が必要不可欠です。よって塗装技能士の資格を保有している職人の技術は信頼してもよいでしょう。

中村塗装の建設業許可

③実績がある業者を選ぶ

ホームページや地域での評判を調べ、その業者の施工実績を確認しましょう。

施工実績が多い業者は必然的に腕が磨かれ、知識や経験も豊富です。また、多くの工事を依頼されるということは、それだけ地域で信頼されている証でもあります。

単に創業年数や設立年数が長ければいいわけではありませんが、歴史ある業者は信頼と実績があるからこそ生き残れているとも言えます。

専務取締役 中村

誤解がないように申し上げますが、年数が短い業者が悪いわけではありません。腕の良い職人が独立して立ち上げた、素晴らしい業者もあります。

しかし、年数の短さが社名変更によるものの場合は注意が必要です。

頻繁に社名を変更する会社は悪徳業者である可能性があります。なぜなら、社名を変更すれば営業停止などの行政処分の効力がなくなり、すぐに活動できるようになるからです。社名を変えることで、「以前手抜き工事で問題になってませんでしたか?」と聞かれても、「それは別の会社です」と言い逃れができてしまうのです。

統合・合併など様々な理由で社名が変更されることはありますが、所在地は同じなのに頻繁に社名が変わっている業者には注意してください。

④飛び込みの訪問営業やセールス電話から選ばない!

飛び込みの訪問営業やセールス電話による営業は、契約を急がせる内容が多いのでご注意ください。

特に訪問営業は工事中・工事後の相談やクレームが多いというデータがあります。

年度2018201920202021
相談件数7,2238,0018,7806,774(前年同期 5,876)
訪問販売によるリフォーム工事
年度2018201920202021
相談件数5,6845,7597,0205,154(前年同期 4,706)
点検商法

※相談件数は2021年12月31日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

※ここでは、「屋根工事」「壁工事」「増改築工事」「塗装工事」「内装工事」の合計を「リフォーム工事」としています。

データは 独立行政法人国民生活センター ホームページより引用

外壁の傷みは目視でわかりやすいので、営業マンにとっては絶好のセールストークの種になります。その種を元にお客様の不安を煽り、契約を急がせるのが彼らの手法ですのでご注意ください。

訪問営業の業者に依頼したお宅の実際の写真。壁面への塗料の垂れが見られ、関係ない手摺り根元部分にも塗料が付着しています。

⑤塗装業者の保険加入状況や工事保証をチェック

各業者の保険加入状況や工事保証についてもチェックしておきましょう。アフターフォローの内容についても合わせて確認をしておくとよいでしょう。

その業者が「請負業者賠償責任保険」や「リフォーム瑕疵保険」に加入していると安心です。保険加入には一定の審査があるため、信用のおける業者でなければそもそも加入できない仕組みになっています。

また、工事保証アフターサービスがしっかりしていることも大切なポイントです。

「保証年数が長い方がいい」と解説されていることがありますが、保証期間は工事内容や使用材料の質によって異なるため、工事の内容や材料の質に応じた保証を出してもらえるかを重視しましょう。

専務取締役 中村

あくまで平均ですが、外壁塗装では「5年の保証」が目安となります。

外壁や屋根の塗装工事は、施工不良があったとしても症状が現れるのは数年後です。

もしも施工不良による不具合が発生した場合、迅速に対応してくれるのか、そういったアフターサービスにも注目しましょう。どのようなアフターサービスがあるのか、具体的にはどういった対処をしてくれるのか、事前に確認しておくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

業者選びは塗装工事の1段階目なのに、1番難しいと言っても過言ではありません。

大切なのは、焦らず落ち着くことです。

契約を急かしてくる業者は、口が上手く、どうしても不安に駆られるでしょう。しかしそんな時でも、落ち着いて、しっかりと調べて慎重に返事をするようにしてください。

安心して工事を任せられる本物の業者を選ぶことができれば、あなたの塗装工事は成功したも同然です。

塗装業者選びで失敗したくない方は、まずは中村塗装にご連絡ください!

弊社のお見積もり・診断はいつでも無料、県内どこでもお伺いします。

最短即日、1件1件しっかり調査してお見積もりを出させていただきます。

統括部長 原田

主に私がお伺いします!

お見積もりや診断後のしつこい営業は一切おこなっておりませんので、安心してご連絡ください。相談だけでも大歓迎です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。