【地域差があります】長崎の外壁塗装の特徴

 皆様は外壁塗装や屋根塗装に地域差があることをご存知ですか?

「坂の街」や「雨の街」という異名を取ることも多い長崎県。

今回はそんな長崎の、特に長崎市の外壁塗装の特徴や外壁塗装事情について解説していきたいと思います!

なぜ長崎には坂が多いのか?

 この問いに関する答えは、「平地が極端に少ない」からです。

少し調べてみたところ、現在の長崎市内の平地は、ほとんど埋め立てによって造られた平地であることがわかりました。

平地が少ないので埋め立てをおこなうのですが、人口増加なども相まってそれでも平地が足りないため、平野部ではない場所に暮らす人が出てきました。

そのため、どうしても「坂」や「階段」が必要になり、「坂の街」となったようです。

坂が多いとどうなるの?

統括部長 原田

ずばり「担ぎ」と呼ばれる作業が増えます。

 平地や開発された場所にある住宅街では、個々のお宅に駐車スペースがあったり、一時駐車できるスペースがあるため、トラックなどの工事用車両を横づけすることができ、スムーズに作業ができます。

しかし、家の前や近くまで車が入らないような坂の中腹にあるお宅の場合、離れた場所にトラックを停め、足場材や材料を担いで運搬することになります。これが「担ぎ」と呼ばれる所以です。これは運送業や引っ越し業にも見られるものです。

弊社で実際に「担ぎ」で歩いた道(長崎市)

 担ぎの作業を伴う場合、「小運搬費」という項目で運搬費が計上されることがあります。

特に足場の設置・解体時には数十㎏の足場材を担いで何十往復もする必要があるため、どうしても削減できない人件費となります。

※小運搬日は駐車場所から運搬場所への距離や運搬数量により異なります。

統括部長 原田

車を横づけできる場所ならば発生しない、もしくは少額で済む「小運搬費」ですが、車が入らず駐車場からも遠いお宅ですと「必要経費」として発生してしまうということです。

 もちろん長崎市に限らず全国各地で共通ではありますが、坂が多い長崎では特に多い事案なので紹介させていただきました。

見積書の中にいきなり「小運搬費」という項目が出てきては疑問に思う方も多いでしょうが、上で解説したような費用になります。

必要経費ではありますが、疑問に感じた際は金額の根拠などを遠慮なく尋ねてみましょう。

雨が多い長崎

統括部長 原田

雨は酸性ですので、雨の日数や降雨量が多いと徐々に外壁や屋根が蝕まれていきます

 長崎県で雨が多い理由は気象的なことを詳しく解説しないとならないため、ここでは割愛させていただきます。

上で先に解説しましたように、雨は元々酸性の成分を持っていますので、塗料やコンクリート成分を長い時間かけてジワジワと浸食していき、劣化させます

コンクリートですら浸食してしまうので、一般住宅に使用されるモルタル壁や窯業系サイディングのような外壁素材も、もちろん酸性雨には弱いのです。

そのため、雨が多い地域では必然的に酸性雨にさらされる回数が多くなり、劣化の進行がやや早くなってしまいます。

統括部長 原田

また、雨が降る日が多いとどうしても工期が長くなってしまいます。

塗装する箇所にもよりますが、基本的に雨が降っていると塗装工事はおこなえません。

また、朝は晴れていても、深夜から朝方にかけて雨が降って外壁や屋根が濡れている場合も、完全に乾くまでは塗装をすることができません。

業者が足場材をリースして足場を立てた場合、工期が長ければ長いほどリース代がかかるので、割高な工事になる可能性があります。

※塗装作業については、工期が長いからと塗料が増えるわけではありませんし、人件費についても実際に現場に入って作業した回数(人工)によるので、工期の長短で変動はありません(追加工事が発生した場合を除く)。

海が多い長崎

 長崎は周りを海に囲まれており、海岸線の総延長は約4,195kmで全国2位です。

その分、海に面した建物が多い県でもあるのです。

統括部長 原田

海の近くにお住まいの方は、少なからず「塩害」の影響を受けてしまいます。

 建物が塩分を含む潮風や飛沫を浴びると、金属部分のサビの進行が早くなり、外壁や屋根の塗装が剥がれやすくなったります。これを塩害といいます。

コンクリート造の建物でも塩分はジワジワと内部に浸透していきますので、内部で腐食が進み、耐久性が低下していきます。

建物の塩害の対策として、例えば日本ペイント様では「耐塩害対策(仕様)」の解説がなされ、海沿いの建造物の塗装に推奨しています。

各メーカーで「耐塩害塗料」が開発・販売されていますので、特に塩害の被害が大きいお宅には業者から提案すべき工事内容となります。

まとめ

統括部長 原田

外壁塗装はお住まいの地域にあった内容であることが重要です!

 今回は長崎についてピックアップしましたが、他の都道府県でも様々な違いがあります。

例えば京都の景観条例区域ですと、街並みの景観保護のため塗装色のベースは茶色となっています。

塗装色以外でも、看板の設置が禁止されている地区などもあります。

統括部長 原田

京都のマクドナルドの看板に茶色のものがある、というのが有名な例ですね!

また、一般的な塗料は5℃以下の気温だとうまく塗膜形成ができないため、気温が低い日の塗装ができないと言われています。

しかし東北地方のような寒い地域では「凍害」が起こるので、外壁塗装は欠かせません。

そこで各メーカー様が耐寒の専用塗料を開発・販売しており、5℃を下回る日が続くような地域でも安定して塗装工事ができるようになっています(※降雪時を除く)。

統括部長 原田

外壁塗装をおこなうには、こういった地域的な特徴や対応策もしっかり把握していないと、お客様に最適な提案ができず、施工不良を起こすことになってしまいます。

外壁塗装で失敗をしたくない、あなた!

まずは中村塗装に相談してみませんか?

お客様のご要望をしっかり反映させながらも、家の構造や素材、状態、地域性にあった最適なご提案をさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。