法人様・企業様へ

工場・倉庫改修工事のご提案

 中村塗装では、工場や倉庫の改修工事も手がけております。

過去に施工させていただいた工場や倉庫について、オーナー様や従業員様から大変満足いただいております。

長崎県 某工場 工場内メンテナンス

 工場や倉庫の工事を検討する際、様々な悩みや不安が出てくると思います。

「修繕したいけど費用が……」

「工場の稼働を停止しないといけないのでは?」

「工事中の作業や出入りなどで不便が多いのでは?」

このように考える方は多く、それはまた当然の不安だと思います。

統括部長 原田

このページをご覧いただくことで、少しでも皆さまの不安を解消できればと思います。

工場・倉庫の改修工事の意義

外壁塗装や屋根塗装をおこなうきっかけの1位は「汚れが気になったから」というもので、全体の約1/3を占めています。

2位は「塗装が剥がれてきたから」

3位は「ひび割れが気になったから」 と続いています。

リフォームマーケット様 ホームページより引用)

どれも外観(美観)に関することばかりですが、改修工事をおこなう意義はそれだけではありません。

遮熱塗料による塗装で省エネ対策

 夏場の屋根の表面温度は60~70℃にも達し、さらに室内の熱い空気は上部へと昇ってしまうため、冷房機器をフル稼働させなければならず、光熱費がかさんでしまいます

また、施設によっては空調設備がなかったり、使用できないこともあるため、特に夏場は従業員の作業効率が低下しやすいです。

しかし、遮熱塗料を使用した塗装を施すことで、その問題を解決できるかもしれません!

エスケー化研(株)様 クールタイトシリーズカタログより

上図はエスケー化研(株)様の「クールタイト」という遮熱塗料による遮熱実験です。

一般的な屋根用塗料を塗った部分に比べ、遮熱塗料を塗った部分の表面温度は平均で約11℃内部温度は約4℃も低くなる、という実験結果が出ています。

専務取締役 中村

エアコンの温度での4℃を考えてみてください。

使用する塗料が違うだけで4℃変わるって、すごいことだと思いませんか!?

エアコンの温度は1℃変えるだけで約10%消費電力を節約できると言われています。

これまで設定温度20℃でガンガン冷房を入れていたものが、設定温度24度で緩やかに冷やしてよくなるかもしれません。

電気代がどれだけ節約できるか、下の計算式を用いてぜひ一度計算してみてください。

電気代(円) = 消費電力(kW) × 電力量料金(円/kWh) × 使用時間(h)

防水性を筆頭とした安全性の確保

 工場や倉庫の不具合で相談が多いのは、ずばり雨漏りです。

雨漏りや外気の浸入が多いと、内部で使用している機械の故障や、保管している機材や商品の劣化を招く恐れがあります。※実際に訴訟や弁償問題に発展したケースがあります。

雨漏りが発生していた工場の実際の屋根の写真

 工場や倉庫の屋根は折半屋根波型スレートが多く、10~15年に1回は修繕が必要です。修繕には「カバー工法(上から新しい素材を被せる)」や「葺き替え(屋根材をすべて取り換える)」がありますが、それらの修繕方法は高額になりがちで、工期も長く、場合によっては工場や倉庫の稼働停止が必要になることがあります。

そこで弊社では早めの点検と、塗装による防水での改修をお勧めしています。

<塗装による防水のメリット>

● カバー工法や葺き替えによる修繕よりも低価格で施工可能。

● 雨漏り箇所や劣化箇所を確認し、必要な修繕をおこなった上で塗装をするので雨漏りが防げる。

● 塗装工程では工事騒音がほとんどないため、工場や倉庫内の作業の妨げになりにくい。

● 大規模な工事内容ではないので、短い工期で施工可能。

※ あまりにも劣化が進んでいる場合、塗装による改修では防げないこともあるので早めの点検をお勧めしています。

現場管理:原田

また、使用する材料や施工する場所によって、様々な安全性を向上させることができます

● 改修工事による耐久性の向上 → 屋根や壁の損壊や崩落を防止。

● 遮熱塗料による施工 → 熱中症予防、機械の熱暴走や劣化の防止、商品の劣化や熱変性を防止。

● 床塗装 → スリップを防止し、作業員の安全を確保。

● 防カビ性、防サビ性のある塗料で施工 → 衛生面や健康面の向上。異物混入を防ぐ。

● 遮音性の高い塗料で施工 → 騒音による近隣とのトラブルを事前に防止できる。

● 耐火性の高い塗料で施工 → 火災事故が起きた場合、発火や延焼を遅らせることで避難時間を確保し、被害を最小限に抑えることができる。

雇用者には安全配慮義務があります

安全配慮義務とは、従業員が健康と安全を保ち、働きやすい環境でつねに業務に従事できるよう、会社が配慮する義務のことです。労働契約法第5条の条文に以下のような記載があります。

(労働者の安全への配慮)

第五条 使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。

美観向上による印象アップ・意識アップ

美観の向上は近隣様へのアピールに繋がります。

外観がキレイになることで清潔感を与えるのはもちろん、工場・倉庫・社屋などのメンテナンスを欠かさないことで、衛生管理や施設管理などの管理体制がしっかりしていることがわかり、信頼感をアップさせます。

改修後の屋根と温度検査の様子

また、外部へのアピールだけではなく、従業員のモチベーションアップにも繋がります。

心理学的観点より、人は「すでに汚れている場所は多少汚しても気にならない」と無意識に思ってしまいます。汚れだけでなく破損についても「老朽化していたから」「すでに壊れていたから」と、管理意識が低くなる傾向があります。

そこで、改修工事を施し外観や内装を整えることで、「汚してはいけない」「ぶつけてはいけない」「壊してはいけない」と思わせる、意識改革が期待されます

また、自社の社屋や工場や倉庫がキレイだと、誇らしい気持ちが生まれ、出勤するのが楽しくなる人もいるようです。

改修工事はなぜ高額になるのか?

 第一前提として、一般の住宅に比べてはるかに施工面積や施工箇所が多いため、必然的に工事費は高くなってしまいます。

しかしそれだけで済まないこともあります。

ずばりマージン問題

大手の建設会社や工務店は塗装や改修を専門としていないこともあるので、下請け業者に依頼し施工してもらうことになります。

元請会社は、下請け業者に支払う工事金に自社の利益を上乗せしなければならず、全体の工事費が高くなってしまいます。

専務取締役 中村

元請業者は大々的に名前を出して管理していますが、現場の実際の作業は丸投げ、ということも珍しくありません。

大切なのは業者選びを間違えないことです!

優良な施工業者に工事依頼をすることが、適正価格での工事の第一歩となります。

業者選びのポイントについては、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

中村塗装に依頼するメリット

 では、数ある業者の中から中村塗装を選ぶメリットはどこにあるでしょうか?

①一括自社施工

 工場や倉庫の改修工事をおこなう際、様々な工事が必要となります。

屋根や外壁の塗装工事はもちろん、塗装前の改修・補修工事、場合によっては雨樋などの設備工事が必要になることもあります。

それぞれの工事を専門業者に依頼するとなると、オーナー様は工種の数だけ施工会社と契約を結ばなければなりません。これはあまりにも時間や手間がかかり、現実的ではありません。

専務取締役 中村

そこで私たちにお任せください!

塗装工事はもちろん、とび・土木工事業、防水工事業の許可も受けており、建物に関する工事のすべてが専門です。すべての現場で下地調整から丁寧におこなってますので、改修や補修もお手のものです!

工事契約を1社に絞ることで、オーナー様とのやり取りがスムーズになり、より安全・安心な施工が可能になります。

②徹底した現場管理

 弊社では各現場ごとに現場管理責任者を配置しているため、施工中の現場でのやり取りがスムーズにおこなえます。

中には、「職人さんに声をかけづらい…」という方もいらっしゃいます。

そこで現場管理責任者に連絡いただくことで、責任者が対応、もしくは責任者から職人に連絡をおこない、迅速に対応することが可能となります。

現場管理:原田

「平日の工場の稼働を止めたくないから、工場が止まっている日曜日に作業してもらえないか?」

というご相談をいただいたことがあります。

基本的に弊社も日曜日はお休みなのですが、職人に相談し、休みを振り返ることで日曜日の作業をおこないました。

③基本的に工場・倉庫の稼働停止は必要ありません!

 工事の着手日や作業日や作業時間など、入念に打ち合わせをおこなった上で決定させていただきますので、基本的に工場や倉庫の稼働を停めていただく必要はございません

現場管理:原田

「〇時~〇時までは作業しないでほしい」というご要望も多いです。

営業前の時間や営業後の時間での作業も珍しくないので、しっかり打ち合わせをおこなってます。

ただし、例えば屋根が塗装工事や部分改修では間に合わないほど劣化しており、葺き替え工事となった場合などは、稼働停止を要請したり作業時間中一時立ち入り禁止などの措置を取らせていただくこともあります。

現場管理:原田

稼働停止を要請しなくていいように、基本的には工場の休業日に作業をさせていただいております。

④保険とアフタフォローの完備

紫外線や風雨にさらされる建物は、日々劣化していきます。

定期的なメンテナンスを実施することで、美観の向上はもちろんのこと、耐久性がアップし、資産価値が向上します。

せっかくおこなう工事だからこそ、工事中や工事後の保証やフォローが大切になってきます!

時津町 某企業様 社屋屋根

工事の際は細心の注意を払って施工しておりますが、万が一の時に備えて「請負業者賠償責任保険」「あんしん大規模修繕工事瑕疵保険」に加入しています。

工事中に万が一怪我や破損、飛散事故があっても、保険に加入しているので安心です!

また、弊社は工事が完了したら終わりではなく、1ヶ月後・3ヶ月後・半年後・1年後・3年後…と、お客様とずっと寄り添っていける会社でありたいと考えています。

工事後には保証書をお渡ししますが、工事内容や塗料の性能などによりどうしても保証年数が異なってきます。

専務取締役 中村

そこで弊社では、担当者が施工した現場を定期的に巡回しております。

定期的に見回って点検をおこない、お時間をいただければお客様に「その後いかがですか?」とお声掛けをさせていただいてます。

連絡をして駆けつけるのはアフターフォロー・アフターサービスとして当たり前ですが、中には「こんな些細なことで連絡するのは申し訳ない…」と遠慮される方もいますので、定期的な巡回をおこなっているのです。

保証期間内はもちろん、保証期間が過ぎていても点検は無料でおこなっています。出張費などはもちろんいただいていませんし、ちょっとした手直しならサービスでおこなうこともあります。

まずは中村塗装にご相談ください

専務取締役 中村

働く場所は1つのステータスです!

働く場所がキレイであれば、誇らしい気分になる人もいるでしょう。

働く場所が快適であれば、モチベーションもあがることでしょう。

工場や倉庫のメンテナンスが行き届いていれば、近隣で目にする人に安心感を与えることでしょう。

そんな環境づくりのお手伝いをさせていただければと考えています。

ご相談や点検、調査、お見積もりはいつでも無料最短即日でお伺いします!

統括部長 原田

皆さまがご心配されるような、調査や見積もり後のしつこい営業は一切ありません! お気軽にご連絡ください。