【建物にとって大切な屋根】屋根について知りましょう!

 このコラムは2022年6月16日(木)に書いているのですが、長崎県は6月11日(土)に梅雨入りが発表されました。梅雨だけではなく、これから夏に近づくにつれて続々と発生する台風塗装業にとっては天敵です^^;

 そして梅雨や台風の時期になると増えるのが、雨漏りに関する相談です。雨漏りのご相談をいただき現地に向かうと、屋根が劣化していて工事が必要な案件も多いです。

屋根の工事は、劣化状況もそうですが「屋根の素材(屋根材)」によって適した工法や適さない工法があります

屋根の工事に関するコラムの第1段として、今回は屋根について解説していきます!

屋根の種類を知りましょう!

 設計や構造によって屋根は素材が異なりますので、まずは日本の戸建て住宅に多い屋根をざっくりと紹介していきます。

スレート屋根

 近年の新築住宅で最も多く使われているのが「スレート屋根」です。

<特徴>

 他の屋根材より比較的安いのが特徴です。原料はセメントで、薄い板状に加工されているのでとても軽く、カラーバリエーションも豊富です。屋根が軽いと建物の重心が低くなるので、揺れによる倒壊リスクが少なくなります。地震大国日本にはうってつけかもしれません。

統括部長 原田

私達はついつい「コロニアル」や「カラーベスト」と呼ぶことがありますが、それはメーカーの商品名で、どちらも「スレート屋根」のことを指しています。

<注意点>

 とても軽いので強度はあまり高くなく、衝撃に弱いです。経年劣化によるヒビや塗膜の剥げがあるので、定期的なメンテナンスが必要となります。日当たりが悪い場所や湿気の多い場所ではコケや藻が生えることも多いです。

<メンテナンス時期>

 スレート屋根の屋根材自体の耐用年数は25~30年ぐらいとされていますが、自然環境下では劣化の進行速度にバラつきがありますので、5年ごとに点検をおこない、10~15年を目安に塗装によるメンテナンスをするのが良いでしょう。

瓦屋根

昔から日本の伝統的な家屋に使われてきた瓦の屋根です。

<特徴>

「本瓦」(釉薬を塗って焼いた粘土瓦)は、作るのに手間がかかり高価なので、現在一般的に使用されているのは「陶器瓦」です。

瓦屋根は耐火性・耐水性・防音性が高く、特に陶器瓦はカラーバリエーションも豊富なのが特徴です。

<注意点>

 丈夫なので耐久性が高いですが、重量があるため耐震面ではやや不安です。 ※近年では耐震性に特化した軽量瓦もあります。また、台風や地震などの際に落下の危険性があるので注意してください。

備考

 瓦には「セメント瓦」と呼ばれる、セメントと川砂を混ぜ合わせて作ったものがあります。陶器瓦より安価なので以前は積極的に採用されていましたが、その後低価格で耐久性の高い屋根材が開発されたので、新築住宅には今ではほとんど使われません。
 セメント瓦は定期的な塗装メンテナンスが必要で、衝撃にも弱いため、自然災害があった後は必ずと言っていいほど点検が必要です。しかしセメント瓦は今は生産されていないため、在庫がない場合も多く、修繕については業者と綿密な打ち合わせが必要になります。

<メンテナンス時期>

 瓦は丈夫であるため、再塗装は不要でメンテナンスのサイクルも長いです。

しかし、飛来物の衝突による破損や、災害時の落下の危険性などもあるので、定期的なメンテナンスをおこないましょう。中~大規模な災害の後は点検をした方がよいかもしれません。

金属屋根

 昔の金属屋根にトタン製のものが多かったため、金属屋根のことをトタン屋根と呼ぶ人も多いと思います。

最近はガルバリウム鋼板を使った屋根が多く、金属屋根のシェアのトップとなっています。

※ガルバニウム鋼板…金属鋼板をアルミニウム・亜鉛・シリコンでメッキしたもの。

他にもジンカリウム鋼板やストーンチップ鋼板などがありますが、ここでは鋼板を用いた屋根を「金属屋根」と一括させていただきます。 ※トタン屋根を除く。

<特徴>

 アルミニウムが持つ耐食性と亜鉛の防食性が作用するため、金属なのにサビにくいという特徴があります。、非常に軽いので耐震性にも優れており、防水性も備えているため、コストパフォーマンスが高い屋根材です。

<注意点>

 耐食性・防食性が高いとはいえ、サビないわけではありません

ガルバリウム鋼板はメンテナンスフリーと言われることも多いですが、メンテナンスが不要なわけではなく、メンテナンスの手間が少ないだけです。

実際に製造しているメーカーも1年に1回の水洗いを推奨してますし、定期的な点検や10年ごとの塗装メンテナンスも推奨しています。

軽量化のために薄くしてあるということもあり、雨音が響くこともあります。また、金属は塩害を受けやすいので、海沿いの建物にはあまりお勧めできない素材でもあります。

<メンテナンス時期>

 素材にもよりますが、耐用年数は25~30年と言われています。

しかし先述したように、5年単位の点検10年ごとの塗装メンテナンスがメーカーからも推奨されており、飛来物による凹みやキズが発生した場合は適宜補修が必要となります。

まとめ

屋根にはいろいろな種類がある

 今回はこれだけ覚えておいてもらえればOKです(笑)

元々は「屋根工事の種類」を解説しようとしていたのですが、そのためにはまず「屋根」について知ってもらわないといけないので、急遽こちらのコラムを挟み込みました。

統括部長 原田

最近の住宅に使われることが多い代表的なものを解説してきましたが、自宅の屋根に該当するものはありましたでしょうか?

 屋根材は今回紹介したもの以外にも多岐にわたりますし、「本瓦」「陶器瓦」「セメント瓦」のように、細かい分類までしていくと枚挙に暇がありません。

しかし次回の「屋根の工事の種類」のために、屋根にも種類があるということを何となく理解してもらえれば今回はそれでOKなんです!

お客様のお宅の屋根がどんな素材でできていて、どんな問題があって、どんな工法が合っているのか、調査してご提案するのは私達プロの仕事ですから!

統括部長 原田

長崎は梅雨入りしましたが、まだ本格的に雨が降っているわけではありません。

今のうちに屋根の現状を把握しておくのがおススメです。

 今のうちに屋根の点検をしておいて、万が一不具合が見つかったら仮補修、梅雨が終わったら本格的な工事、ということが可能です。

屋根のことや雨漏りでお困りの方は、ぜひ中村塗装にご連絡ください。

もちろん相談・調査・お見積もりは無料、最短即日お伺いします!

毎年訪れる梅雨や台風を難なく乗り越えることができる、そんな住みよい家づくりのお手伝いをさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。