【毎年被害多数!】台風と外壁塗装

 災害大国とも呼ばれる日本では、毎年必ず台風が発生し何かしらの被害を生んでいます。

国土交通省気象庁による1991年~2020年までの統計を引用すると、年間約25個もの台風が発生しており、そのうち約11個の台風が日本に接近しているとのこと。

特に沖縄地方は上陸数が多く、1年で平均7~8個もの台風が接近しています。次いで九州地方が多く、こちらは1年で平均3~4個の台風が接近

台風発生時は全国的に注意が必要ではありますが、特に接近数や上陸数が多い九州・沖縄地方にお住まいの方のために、台風と外壁塗装の関係を解説していきます!

台風は塗装工事の天敵

 台風接近時や上陸時は、安全面のことを考慮して作業は中止となります。

しかし、実際の工事作業がないからといって、何もしないわけではありません!

 台風を代表とした大風の日は、普段以上に安全に配慮し、事故防止に努めなければなりません。

 その対策とは「台風養生」です。

統括部長 原田

台風のような大荒れの天気が来る前に、設置した足場に前もっておこなっておく飛来落下事故、倒壊事故を防止するための措置を取ることを台風養生と呼んでいます。

台風でなくても、強風が吹く日なども同様の対策を取ります。

 現場には足場が立っており、塗料等の飛散防止のためにメッシュシートがぐるりと張り巡らされているため、風の影響を強く受けてしまいます

ここで何も対策を取らないと、最悪の場合は以下の写真のように足場が倒壊する危険性があります。

国土交通省より発行の「台風等の強風による足場倒壊対応について」より引用

 上の写真は、実際にあった倒壊事故を用いて国土交通省が注意喚起している資料に掲載されているものです。

幸い人的被害はなかったとのことですが、万が一にも事故により尊い命が失われた場合、どのようにしても贖うことはできません

物的被害については当然弁償義務が発生しますが、復旧や弁償に時間がかかったり、例えば限定モデルの車両が修復不可能なほどの被害に遭った場合、弁償が不可能という状態になってしまいます。

 そこで下の写真のように、メッシュシートの一部を剥がしたり巻き取ったりして、風の通り道を作り、風の抵抗を減らす(なくす)対策を取ります。

台風養生写真
統括部長 原田

周囲の環境や風の強さなどの様々な要因を考え、時にはメッシュシートをすべて剥がしたりすることもあります。

当たり前のことですが、工事は手間を惜しまず、安全第一で進めなければなりません。

 また、足場だけではなく、現場周辺のすべてに気を配らなければなりません。

現場ゴミ集積所

 上は現場のゴミ集積所の写真ですが、台風などの風が強い日には、配置してあるパイロン(三角コーン)やプラスチック製のグリーンフェンスは、倒れたり飛ばされたりする可能性が高いです。

統括部長 原田

グリーンフェンスの足元には金属製の重りがありますが、それでも強風時にはなぎ倒されてしまうことがあります。

 さらにゴミを入れるための袋も風に煽られて飛ばされたり、もしくは中のゴミが飛ばされてしまうことも考えられます。

統括部長 原田

住宅塗装の現場だと、鉢植えやプランターが外にある場合、これも飛ばされたり倒れて土が出てしまったりといったことが考えられます。

勝手口付近に物を置いているお宅も多いので、家主様にもお声掛けをし、台風被害に遭わないように移動させていただきます。

台風による被害

 ここでは考えられる台風による被害を挙げていきます。

建物の倒壊や半壊

 老朽化した建物が風圧に耐えきれず全体的に倒壊したり、屋根や外壁が吹き飛ばされて半壊状態になる被害があります。築年数が長くメンテナンスがなされていない古い木造の建物や空き家などがこういった被害に遭いやすいようです。また、台風時には雨を伴うことがほとんどなので、地盤が弱い場所に建つお宅もこういった被害に見舞われる可能性があります。

屋根材の剥がれや吹き飛び、飛来物による破損

 屋根瓦が外れたり吹き飛んでしまったり、スレート屋根でも剥がれや破損が起こります。また、風雨による破損だけではなく、飛来物の衝突により屋根や壁を破損することがあるので注意が必要です。 → 雨漏りの原因となります!

割れてしまったスレート屋根

風圧による建築設備の破損

 窓ガラスやアンテナや雨樋など、建物に付随する設備が風圧で破損してしまうこともあります。針金や重しなどで固定できるものは事前に固定しておき、固定が難しいものに関しては一時撤去するのがいいでしょう。

風圧で基礎から破損したフェンス
統括部長 原田

ガラスに養生テープを貼る対策がありますが、あれは割れなくするというよりは、割れた時に飛び散るのを防ぐ意味合いが大きいです。

台風被害を抑えるためには?

統括部長 原田

天気予報をしっかりとチェックし、安全対策をおこなうしかありません!

 外壁塗装などの施工中の場合、優良な業者さんや職人ですと先に「撤去した方がいいかもしれません」と事前に提案し、撤去や撤去の手伝いをしてくれることでしょう。

統括部長 原田

いくら施工をさせていただいているとはいえ、基本的に私達はお客様宅のものを勝手に動かしたりできません。必ず許可を取ってから移動させます。

 もしも業者さんや職人さんから提案がない場合でも、撤去をおこなう場合はぜひ業者さんや職人さんへ相談してみてください。足場がある現場は頭をぶつけたり何かと危険ですので、遠慮せずにお願いしてみましょう。

 他にも、雨戸やシャッターがあるお宅は必ずそれらを活用し、ない場合は養生テープやガラス保護シール(ホームセンターなどに売っています)をガラスに貼りましょう。

統括部長 原田

ここでワンポイントアドバイスです!

台風対策で窓にテープなどを貼った場合、脅威が通り過ぎたらすぐに剥がしてしまいましょう

こういったシールは粘着力が強いので、時間が経てば経つほど剥がれにくくなり、ガラスにシールのカスが残ってしまいます。

気にせずにずっと貼り続けている方もいらっしゃいますが、外から入ってくる光量が減るなど、設計上の住宅の機能を果たせなくなるかもしれません。

何かあったらすぐに連絡しましょう!

 工事を請け負っている業者には、災害時は迅速に対応する義務があります。

統括部長 原田

台風養生が不十分な場合、例えば足場のメッシュシートが剥がれて風に煽られてバタバタとうるさかったり、養生のビニールが剥がれてバサバサと音が鳴る、といったことが起こります。

夜間であろうが早朝であろうが、請負業者には対応する義務があるので、気になることや不安なことがあれば、現場管理をしている担当者や会社にすぐに電話をしましょう。

詐欺にご注意ください

統括部長 原田

台風が通り過ぎた後、必ずと言っていいほどに増えるが「火災保険詐欺」です。これは本当に注意してください!

 せっかく保険に加入しているのだから、自然災害による被災時には保険を適用して対応しないともったいないです。

しかし、保険会社や契約内容にもよりますが、火災保険が適用されるのにはいくつかの条件があります。

<外壁塗装に火災保険を適用する際の注意事項>

・火災のほか、落雷・破裂・爆発・風・雹・雪災による損害である場合、損害を補償してもらえます。

・水災や水濡れ事故による損害は、グレードの高い契約でないと適用されないことが多いです。高潮や洪水、集中豪雨などによって起こった土砂崩れなどの自然災害がこれにあたりますが、契約内容やプランによっては適用されません。

・被災から3年以内かつ災害による損傷であることが明らかであることです。

 ※損傷箇所の写真が必要となります。

 皆さまお気づきでしょうか?

統括部長 原田

経年による劣化や、通常の摩耗・変質・変色などには、火災保険は一切適用されません!

 しかし悪徳業者や詐欺師は、家主様の「被災した箇所の工事を急ぎたい」という心理に漬け込み、言葉巧みにダマそうとしてきます。

以下のようなセールストークにはご注意ください。

・「火災保険が適用されるので無料で工事できます」と嘘の説明をおこなう。

先に説明したように、契約している保険会社や契約内容やプランによって適用範囲が異なるため、「必ず」適用されるとは言い切れません。

・「保険申請を代行しますよ」と業者から言われる。

保険の申請ができるの基本的に本人様で、もしくは保険契約時の代理店です。業者に依頼して申請した場合、「なりすまし申請」だと判断される場合があります。

・キャンセルに関する説明がない。

「保険が下りるなら工事をする、下りないなら工事をしない。」という方も多いですし、ごもっともな意見だと思います。しかし悪徳業者や詐欺師の場合はキャンセルに関する説明を一切せず、保険が下りなかったとしても「契約したんだから工事します」「契約違反ですよ」と言い、強引に工事を進めようとします。

工事費用を先払いさせる

保険は必ず下りるものではありません。それなのに工事費用を先払いさせるということは、「保険が下りても下りなくても工事をさせてもらう」ということです。

統括部長 原田

まずは契約している保険会社へ連絡してください!

保険会社からの返事が来てからでも検討や決定は遅くありません!

まとめ

台風時には安全を考えた対策を実施

被災時こそ慎重に、詐欺に注意!

 今回はこれを覚えてください!

台風前からしっかりと点検や対策をおこない、台風の通過時や上陸時は無理して動かず安全第一で過ごしましょう。

統括部長 原田

台風が過ぎ去った後はぜひ弊社にご連絡ください!

台風で破損や異常が出ている箇所がないかなど、無料点検させていただきます!

「瓦屋根だから瓦がズレてないか心配で……」

「雨漏りがし始めたような気がして」

どんなご相談も大歓迎です!

台風の影響でグラついた庭木
専務取締役 中村

上の動画は過去に施工をさせていただいたお客様のお宅で撮影させていただきました。

「台風で庭の木がグラグラしていて怖い。でもどこに連絡すればいいかわからなくて……」

とのことで、ありがたいことに弊社にご連絡いただきました。

さまざまな状況から判断して木を切ることになったのですが、これぐらいのわずかな手間であればサービスでおこなっています。

冒頭にも書かせていただきましたが、九州は台風が多くやってくる地域です。

そしてそれは毎年のことなので、しっかりと備えなければなりません。

そのお手伝いに、少しでも役に立てればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。